MOTONAO NAKAO

中尾 素直 (なかお もとなお)

E-mail : nakao[atmark]bioreg.kyushu-u.ac.jp
出身地 : 兵庫県

業績

日本レドックス(株)

Redox imaging of skeletal muscle using in vivo DNP-MRI and its application to an animal model of local inflammation.
Eto H, Hyodo F, Kosem N, Kobayashi R, Yasukawa K, Nakao M, Kiniwa M, Utsumi H.
Free Radic Biol Med. 2015 Dec;89:1097-104.

Development of a PET/OMRI combined system for simultaneous imaging of positron and free radical probes for small animals
Seiichi Yamamoto, Tadashi Watabe, Hayato Ikeda, Yasukazu Kanai, Kazuhiro Ichikawa, Motonao Nakao, Katsuhiko Kato, and Jun Hatazawa
Medical Physics 43, 5676 (2016)

山口大学

Is lobular endocervical glandular hyperplasia a cancerous precursor of minimal deviation adenocarcinoma?: a comparative molecular-genetic and immunohistochemical study.
Kawauchi S, Kusuda T, Liu XP, Suehiro Y, Kaku T, Mikami Y, Takeshita M, Nakao M, Chochi Y, Sasaki K.
Am J Surg Pathol. 2008 Dec;32(12):1807-15.

A copy number gain of the 6p arm is linked with advanced hepatocellular carcinoma: an array-based comparative genomic hybridization study.
Chochi Y, Kawauchi S, Nakao M, Furuya T, Hashimoto K, Oga A, Oka M, Sasaki K.
J Pathol. 2009 Apr;217(5):677-84

Identification of DNA copy number aberrations associated with metastases of colorectal cancer using array CGH profiles.
Nakao M, Kawauchi S, Furuya T, Uchiyama T, Adachi J, Okada T, Ikemoto K, Oga A, Sasaki K.
Cancer Genet Cytogenet. 2009 Jan 15;188(2):70-6.

The development of a mini-array for estimating the disease state of gastric adenocarcinoma by array CGH.
Furuya T, Uchiyama T, Adachi A, Okada T, Nakao M, Oga A, Yang SJ, Kawauchi S, Sasaki K.
BMC Cancer. 2008 Dec 30;8:393.

9p21 index as estimated by dual-color fluorescence in situ hybridization is useful to predict urothelial carcinoma recurrence in bladder washing cytology.
Kawauchi S, Sakai H, Ikemoto K, Eguchi S, Nakao M, Takihara H, Shimabukuro T, Furuya T, Oga A, Matsuyama H, Takahashi M, Sasaki K.
Hum Pathol. 2009 Dec;40(12):1783-9.

The Development of a Variable Threshold Analysis Method to Identify Clones Linked the Clinicopathological Features in an Array-based CGH – Its Application to Colorectal Cancer
Motonao Nakao, Tetuji Uchiyama, Jun Adachi, Tomoko Furuya, Atsunori Oga, Shigeto Kawauchi and Kohsuke Sasaki
Bull Yamaguchi Med School 56(3-4):43-48,2009

Identification of the Copy Number Aberrations for Determining the Disease Stage of Colorectal Cancers: The Application of a Multifactor Dimensionality Reduction (MDR) Method to an Array-based CGH
Motonao Nakao and Kohsuke Sasaki
Bull Yamaguchi Med School 56(3-4):49-55,2009

Breast cancer cell lines carry cell line-specific genomic alterations that are distinct from aberrations in breast cancer tissues: comparison of the CGH profiles between cancer cell lines and primary cancer tissues.
Tsuji K, Kawauchi S, Saito S, Furuya T, Ikemoto K, Nakao M, Yamamoto S, Oka M, Hirano T, Sasaki K.
BMC Cancer. 2010 Jan 14;10:15.

A simple method for enhancing hybridization efficiency in chromosome and array comparative genomic hybridization.
Kawauchi S, Furuya T, Nakao M, Ikemoto K, Oga A, Sasaki K.
Biotech Histochem. 2011 Jun;86(3):192-8.

The loss of 8p23.3 is a novel marker for predicting progression and recurrence of bladder tumors without muscle invasion.
Eguchi S, Yamamoto Y, Sakano S, Chochi Y, Nakao M, Kawauchi S, Furuya T, Oga A, Matsuyama H, Sasaki K.
Cancer Genet Cytogenet. 2010 Jul 1;200(1):16-22.

Genomic instability and DNA ploidy are linked to DNA copy number aberrations of 8p23 and 22q11.23 in gastric cancers.
Kawauchi S, Furuay T, Uchiyama T, Adachi A, Okada T, Nakao M, Oga A, Uchida K, Sasaki K.
Int J Mol Med. 2010 Sep;26(3):333-9.

DNA copy number aberrations associated with aneuploidy and chromosomal instability in breast cancers.
Kawauchi S, Furuya T, Ikemoto K, Nakao M, Yamamoto S, Oka M, Sasaki K.
Oncol Rep. 2010 Oct;24(4):875-83.

DNA copy number aberrations associated with the clinicopathological features of colorectal cancers: Identification of genomic biomarkers by array-based comparative genomic hybridization.
Nakao M, Kawauchi S, Uchiyama T, Adachi J, Ito H, Chochi Y, Furuya T, Oga A, Sasaki K.
Oncol Rep. 2011 Jun;25(6):1603-11. doi: 10.3892/or.2011.1246. Epub 2011 Apr 5.

Loss of 3p26.3 is an independent prognostic factor in patients with oral squamous cell carcinoma.
Uchida K, Oga A, Nakao M, Mano T, Mihara M, Kawauchi S, Furuya T, Ueyama Y, Sasaki K.
Oncol Rep. 2011 Aug;26(2):463-9.

Centrosome amplification as a putative prognostic biomarker for the classification of urothelial carcinomas.
Yamamoto Y, Misumi T, Eguchi S, Chochi Y, Kitahara S, Nakao M, Nagao K, Hara T, Sakano S, Furuya T, Oga A, Kawauchi S, Sasaki K, Matsuyama H.
Hum Pathol. 2011 Dec;42(12):1923-30.

oss of 6q or 8p23 is associated with the total number of DNA copy number aberrations in adenoid cystic carcinoma.
Oga A, Uchida K, Nakao M, Kawauchi S, Furuya T, Chochi Y, Ikemoto K, Okada T, Ueyama Y, Sasaki K, Yousefpour F.
Oncol Rep. 2011 Dec;26(6):1393-8.

DNA copy number aberrations associated with lymphovascular invasion in upper urinary tract urothelial carcinoma.
Misumi T, Yamamoto Y, Miyachika Y, Eguchi S, Chochi Y, Nakao M, Nagao K, Hara T, Sakano S, Furuya T, Oga A, Kawauchi S, Sasaki K, Matsuyama H.
Cancer Genet. 2012 Jun;205(6):313-8.

特開2010-284138 乳癌サブタイプの検出方法 国立大学法人山口大学 2010年12月24日 特願2009-142383 2009年06月15日

特開2009-153464 大腸癌の病態評価方法 国立大学法人山口大学 2009年07月16日 特願2007-336572 2007年12月27日

日立ソフト

特開2006-284478 DNA結合性物質の同定方法及び検査対象物質のDNA結合能検定方法 日立ソフトウエアエンジニアリング株式会社 2006年10月19日 特願2005-107377 2005年04月04日

特開2006-177714 DNA結合性物質の同定方法及び検査対象物質のDNA結合能検定方法 日立ソフトウエアエンジニアリング株式会社 2006年07月06日 特願2004-369484 2004年12月21日

特開2005-241453 円盤型バイオチップ、ビーズ読み取り装置、及びビーズ読み取りシステム 日立ソフトウエアエンジニアリング株式会社 2005年09月08日 特願2004-051922 2004年02月26日

特開2005-121499 試料セル、光学測定装置及び光学的測定方法 日立ソフトウエアエンジニアリング株式会社 2005年05月12日 特願2003-357318 2003年10月17日

特開2004-226234 機能性ビーズ、その読み取り方法および読み取り装置 日立ソフトウエアエンジニアリング株式会社 2004年08月12日 特願2003-014379 2003年01月23日

特開2004-117201 イオン性高分子同定用高分子チップを用いた結合定数および解離定数算出方法 日立ソフトウエアエンジニアリング株式会社 2004年04月15日 特願2002-281530 2002年09月26日

特開2004-065199 ビーズ上で行う核酸増幅方法および核酸検出方法 日立ソフトウエアエンジニアリング株式会社 2004年03月04日 特願2002-232964 2002年08月09日

特開2003-322654 生体高分子の検出方法 日立ソフトウエアエンジニアリング株式会社 2003年11月14日 特願2003-047413 2003年02月25日

特開2003-284552 イオン性高分子同定用高分子チップ及びイオン性高分子の同定方法 日立ソフトウエアエンジニアリング株式会社 2003年10月07日 特願2002-090129 2002年03月28日

特開2003-265180 ハイブリダイゼーション促進剤及び促進方法 日立ソフトウエアエンジニアリング株式会社 2003年09月24日 特願2002-071331 2002年03月15日

特開2003-028797 蛍光読み取り装置 日立ソフトウエアエンジニアリング株式会社 2003年01月29日 特願2001-211200 2001年07月11日

特開2002-311027 ビーズ、ビーズ製造方法、フローサイトメータ及びプログラム 日立ソフトウエアエンジニアリング株式会社 2002年10月23日 特願2001-109940 2001年04月09日

特開2002-228664 生体高分子検出装置 日立ソフトウエアエンジニアリング株式会社 2002年08月14日 特願2001-025889 2001年02月01日

特開2002-186480 ビーズ 日立ソフトウエアエンジニアリング株式会社 2002年07月02日 特願2000-391365 2000年12月22日

特開2002-181837 スポットピン及びバイオチップ作製装置 日立ソフトウエアエンジニアリング株式会社 2002年06月26日 特願2000-374833 2000年12月08日

特開2002-181777 スキャナー装置 日立ソフトウエアエンジニアリング株式会社 2002年06月26日 特願2000-376111 2000年12月11日

特開2002-176985 PCR増幅された塩基配列の検出方法及び検出キット 日立ソフトウエアエンジニアリング株式会社 2002年06月25日 特願2000-380465 2000年12月14日

特開2002-168864 生体高分子検出装置及びカートリッジ 日立ソフトウエアエンジニアリング株式会社 2002年06月14日 特願2000-364370 2000年11月30日

特開2001-255328 ハイブリダイゼーション反応検出方法及び検出装置 日立ソフトウエアエンジニアリング株式会社 2001年09月21日 特願2000-067684 2000年03月10日