Metabolomics

1. メタボロミクス

遺伝情報は、転写産物を媒体としてタンパク質に変換され、タンパク質は細胞の構成要素の一部となるとともに、酵素として細胞内での有機化学反応である代謝を促進します。ゲノムが生物の設計図であるならば、代謝産物の総体を表すメタボローム (Metabolome) は、いわばゲノム情報の実行結果であり、生体内の複数の代謝産物の量比バランスを組み合わせたプロファイルは、ゲノム情報に最も近い高解像度で定量的な表現型といえます (図1)。メタボローム解析によってゲノム情報の実行結果を詳細に理解できれば、病気の診断や病態発症メカニズムの解析、医薬品の薬効・毒性評価のほか、植物、微生物、動物などの種々の生物における代謝解析、食品や生薬の品質評価など、 幅広い分野でメタボロミクスの有用性が示されています。メタボロミクスは、今後、医療、製薬、食品、環境など様々な分野での積極的な利用が期待されている有望技術です。


図1 セントラルドグマとメタボロミクス