HOME

はじめに

当研究室では、代謝物の総体である「メタボローム」を解析するための技術開発およびメタボロミクスの応用研究に取り組んでいます。メタボローム解析は、ゲノム情報から転写、翻訳過程を経て生成した酵素に基づく低分子化合物の化学変化を包括的に捉えたものであり、ゲノム情報に最も隣接した高解像度表現型解析手段です。すなわち、メタボロームは、生命活動の表現型として、遺伝子、あるいは薬物や環境などの外的要因によって、複合的かつ連続的に変化する有益な指標を提供できると考えられています。馬場研究室では、細胞内の代謝情報を高精度に観測するために、数種のクロマトグラフと9台の質量分析計を駆使した高感度かつ定量的なメタボローム分析手法を開発しています。さらに、開発した分析手法を用いて疾患と代謝の関連性について基礎から応用までの幅広い研究を展開するとともに、他のオミクスとの統合解析を目指しています。

 

News

研究室のリクルート情報を更新しました。New!

2018年7月20日
竹田浩章さん (学術研究員) が第5回日本ウサギバイオサイエンス研究会学術集会・WHHLMIウサギ研究発表会で優秀発表賞を受賞しました。

2018年7月6日
高橋政友さん (テクニカルスタッフ) の論文 ‘Highly Accurate Detection and Identification Methodology of Xenobiotic Metabolites Using Stable Isotope Labeling, Data Mining Techniques, and Time-Dependent Profiling Based on LC/HRMS/MS‘ がAnalytical Chemistry誌に受理されました。

2018年5月23日
国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構と共同研究の論文 ‘Dietary Intake of Curcumin Improves eIF2 Signaling and Reduces Lipid Levels in the White Adipose Tissue of Obese Mice‘ がScientific Reports誌に受理されました。

2018年5月18日
中谷航太さん (D4) が日本質量分析学会・日本プロテオーム学会2018年合同大会でポスター発表部門最優秀賞を受賞しました。
秦康祐さん (D4) が日本質量分析学会・日本プロテオーム学会2018年合同大会でポスター発表部門優秀賞を受賞しました。

2018年5月16日
竹田浩章さん (学術研究員) が日本質量分析学会・日本プロテオーム学会2018年合同大会で2018年度日本質量分析学会トラベルアワードを受賞しました。

2018年5月3日
竹田浩章さん (学術研究員) の論文 ‘Widely-targeted quantitative lipidomics method by supercritical fluid chromatography triple quadrupole mass spectrometry‘ がJournal of Lipid Research誌に受理されました。

2018年3月27日
原健士特任准教授の論文 ‘Exploring the effect of mesopore size reduction on the column performance of silica-based open tubular capillary columns‘ がJournal of Chromatography A誌に受理されました。

2018年3月20日
竹田浩章さん (D5) が博士 (理学) の学位を取得しました。
竹田浩章さん (D5) が平成29年度九州大学学位記授与式で九州大学学生表彰を受賞しました。

2018年3月15日
大阪大学大学院医学系研究科と共同研究の論文 ‘Adiponectin/T-cadherin system enhances exosome biogenesis and decreases cellular ceramides by exosomal release‘ がJCI Insight誌に受理されました。

2018年1月19日
アサヒグループホールディングスと共同研究の論文 ‘Development of an analytical method for polycyclic aromatic hydrocarbons in coffee beverages and dark beer using novel high-sensitivity technique of supercritical fluid chromatography/mass spectrometry‘ がJournal of Bioscience and Bioengineering誌に受理されました。

2018年1月15日
神戸大学医学研究科、徳島文理大学薬学部と共同研究の論文 ‘Ameliorating effects of D-47, a newly developed compound, on lipid metabolism in an animal model of familial hypercholesterolemia (WHHLMI rabbits)‘ がEuropean Journal of Pharmacology誌に受理されました。

2017年11月9日
原健士特任准教授が46th International Symposium on High Performance Liquid Phase Separations and Related Techniques, HPLC 2017でBest Poster Awardを受賞しました。

2017年10月6日
National Institute of Standards and Technologyと共同研究の論文 ‘Harmonizing Lipidomics: NIST Interlaboratory Comparison Exercise for Lipidomics using Standard Reference Material 1950 Metabolites in Frozen Human Plasma‘ がJournal of Lipid Research誌に受理されました。

2017年9月19日
原健士特任准教授の論文 ‘Chromatographic Properties of Minimal Aspect Ratio Monolithic Silica Columns‘ がAnalytical Chemistry誌に受理されました。

2017年9月14日
相馬悠希助教が第69回日本生物工学会大会でトピックス賞を受賞しました。

一覧表示